大変だけど貴重な経験!セールの声出しや意外と楽しい残業

シーズンオフになりかけると、徐々に他店もセール時期に入っていきます。
シーズンのタイムセールは本当に大変。
大声でアピールしなければ他店の声に負けてしまうし、かといってかすれた声は恥ずかしい!
スタッフ総出でセールは呼びかけを行います。
その中でお客様が足を止めればスタッフが1人1人対応します。
呼び込みはコツだと思っています。
立札1つとってもキュートなデザインのものだと目を引きますし、50%オフ、というだけでもどれだけ他のショップより目立つ立札を作るか、セール前からその作業は始まっています。

セールもタイムセールというものがあり、1時間ないし30分間限定でセール品がさらにリーズナブルになるというものがあります。
そこには大変力を入れます。
まさしくスタッフ総出、タイムセール中で~す!
と大声あげつつ、タイムセールなら安かろうとお客様もどんどん入ってきて、またそれも楽しさの1つです。
レジの列もどんどん長くなるし、タイムセールこそセールの醍醐味の1つだな、と考えるようになりました。
セールは売れ残ってしまったものをもう一度売りなおしているのですが、やはり上質なものを安く買いたいがためにセール時期に集中して買うお客様が多いので、良いアイテムは多く残っています。
だから取り合いにこそならないものの、セールやタイムセールにはこれも、あれも、とお客様の輝く目が素敵でたまりません。

その日のショップの看板を下ろした後のレジ清算はドキドキの連続です。
どれだけ今日の売り上げがあったのかの発表があり、達成したら皆で盛り上がります。
セールが始まってから終わるまでは残業がつきものですが、その際の女子トークも見逃せません。
「あたしあの服狙ってるんだけど残るかな?」とか、「このフロアで一番盛り上がってたよね!」というトークが最高に楽しいです。
明日はもっとお客様が来るようにしよう!と立札をもっと改良している娘もいます。
それ以上デコってどうするんだってくらい、キラキラに改造しているので思わず笑ってしまいます。

「それにしても疲れた~」というのが皆の第一声かもしれませんね。
セールは体力勝負です。
他のショップに負けられませんから、全身を使ってアピールします。
それでお客様が来店されればOK!
それがショップ開店から延々と続くので、とっても疲れるんですよ。
でもお客様が来れば来るほど盛り上がるのがショップの店内なので、盛り上がっているショップほどお客様の来店が激しいのです。
だからこそ、1人でもお客様確保のために皆必死!

セールやタイムセールはとっても盛り上がるからスタッフも楽しいし、お客様にも是非楽しんでもらいたい!
そんな気持ちが伝わるセールは間近!
こんな思いは一生忘れることはできません。