お客様との会話に必要?アパレル以外のコスメやグルメの勉強

会話はお客様との対応で最も重要だと思っています。
何故ならその会話1つで購入が決まることもあるからです。
スタッフはそのために色々な勉強をしています。
とはいっても、苦手ジャンルならほどほどに、好きなジャンルなら積極的に勉強しているスタッフが殆どです。

10代から20代、30代にかけてはやっぱりテレビネタが多いです。
特に今は絶世の嵐期。
嵐が何なのか分かっていなきゃ話になりません。
誰それが好きだとか、誰推しだとか、そんな話題で盛り上がります。
そして結局、5人全員好きだよね~というところに落ち着きます。
嵐愛はやっぱり皆好きなんだなぁと思うところで、無難な会話の1つです。

顧客層が高くなると、ファッション誌からテレビなどで情報を集めます。
ファッション誌といっても子供雑誌や子育て誌、ママファッションなどを中心にチェックをしていきます。
そのほか、テレビだと流行のドラマなどをチェックしていました。
今、新シーズンが始まったばかりなので、初回は絶対にハズせないところです。

ママファッションではあまり過激なスタイルを求めているわけでもなく、かといって冒険をしないわけでもなく、最近のママはオシャレなママが多いので、それなりにスタッフも難しいな・・・と考えるトコロでもありました。
最も時間もお金もファッションにかけることができるママ層の顧客獲得は第一です。
だからこそ皆微細なセンスのママファッションを勉強するようになっていました。
ドラマだとやっぱりジャニーズがママでも人気があります。
特に今シーズン始まっているジャニーズが出ているドラマは多数あります。
それだけの初回を全部見るのは、自宅に戻ってからではとってもしんどいのですが、売り上げ貢献のためには必見です。
そういいつつも、ドラマを見ていると自分もハマってしまうからワクワクものです。
ドラマを見ている時間が自宅で過ごす一番長い時間かもしれませんが、それでも勉強とは思わずリラックスしながら見ています。
今度、あのお客様が来店されたらどんなトークをしよう?とか初回を見ながら考えるのも好きでしたよ。

ファッション誌でもよくノンノとかウィズなどは若い世代に向けた雑誌で、大人買いしたりして・・・。
片っ端から読んでいき、最後の恋愛トーク術なんてところまで読んでしまっています。
半身浴しながら読むこともできるので、一石二鳥!

特別年齢層が若干高めなお客様に対してはブランドの勉強もします。
最近ではウェブマガジンというものもあるので、ハイブランドのものはそこから入手。
シャネルやグッチのバッグはもちろんのこと、エルメスのスカーフやサンローランなど手の届かないところも情報を頭に叩き込みます。
こっちも今では防水スマホが登場しているので、半身浴と同時にチェック。
出そうな話題は逐一チェックです。

そんな売り上げトークは形ばかりにこだわったものではなく、くだけた感じで始めるのが一番です。
「それ、最新のエルメスのスカーフじゃないですか!?」とか、小物から入ったりしますね。
売り上げトークも一流にならなければ売れない、ということを知ってから、自分が買う側に立った時にはちょっとチェックを入れている私です。